店舗づくりで意識するべきは「インスタ映え」

料理の彩りや盛りつけの良さが「インスタ」アップの第一要素

料理の写真をインスタにアップする光景は今では当たり前の光景です。彩りや盛り付けの良さをアップする事で「私、こんなオシャレな店で食事しているのよ!」と自己アピールも兼ねてアップします。特に女性は彩りを非常に気にされます。実際アップして「いいね」がつくとさらにうれしいものです。当然「いいね」がついて尚且つ店舗の場所はハッシュタグなどをうけてもらえると店舗側は売上げのプラスにもなると思いますので以外に馬鹿に出来ないですね。店舗側ではコントロールは出来ないですが、促がすことは可能では無いでしょうか?

「インスタ映え」は料理だけじゃない!

では、店舗側が促すことが可能ならインスタにアップしたくなる要素を増やせれば多く方がアップしてくれるのではないでしょうか?よくインスタにアップする時にメインとなるものの横にブランド品の雑貨をさりげなく置いたりして実はそっちがメインじゃないかという取り方をする方がいます。少し話はそれましたが、料理だけでは無く背景となる店舗の雰囲気であったり店舗自体がアップしたくなる要素があれば料理・店舗とアップしたくなる要素が多くなると思います。インスタだけが全てでは無いですが取り上げたくなる評価というものは、店舗として評価されている証なので自身をもって良いと思います。

「インスタ映え」の次にかんがえること!

「インスタ映え」の次に大事なことは何でしょうか?当然、リアルな現場(店舗)で満足してもらえることです。接客・料理の満足度・そして以外に大事な店舗の導線。導線が気づかぬうちに不快に感じたりすると「また。行こう」とはなりません。」店舗づくりは演出です。運営側と施工側が共通理解する事で顧客満足度が上がっていくのではないでしょうか?大事なのはコミュニケーションです。それは店をつくる時、お客様が利用している時。お客様が利用している時は店舗は言葉を交わしませんが運営者と施工者がコミュニケーションを重ねた成果がお客様へのコミュニケーションと変わっていくのではないかと感じています。そんなコミュニケーションの大切さを感じてもらえるコラムをご覧頂けます。
こちら でご覧頂けます。

viels

いい情報!いい店サイト Viels(フィール)です。 我々スタッフの日常などを公開しています。 http://www.viels.jp/

あわせて読みたい