車検の時に車のボディにへこみや割れなどがあると車検が通らない?

今回はボディにへこみや割れなどがあると車検が通らないのか?少し調べてみたいと思います。

わかりやすく言えばバンパーが破損してぶら下がったような状態なら誰が見ても運転に支障があるので車検は通らないと思いますが、程度の判断が難しい場合もると思います。参考として下記のような状態の場合は車検が通りません。

車検を通らないケースとして、フレーム・ボディの緩み、損傷の項目が含まれており大きなへこみ、変形等がある場合不合格になる可能性が高いです。また、ヘッドライト近くにへこみキズ等がある場合、ヘッドライトの光軸が合わなくなりそのままでは車検に不合格となります。もうひとつのケースは、ボディが鋭利に尖っている、フェンダー部が凹みタイヤがはみ出ている場合です。そのままでは車検に通らないです。運転時に支障が出る場合は車検が通らないケースが高いです。

引用元:車検でボディのへこみや割れがあると通らない⁉

車検が迫っていて修理が必要な場合どうすれば良いの?

車検の時期なのに上記の様な破損している場合は時間との勝負にもなると思います。その場合はやはり両方対応できる整備工場などが良いと思います。このようなケースは稀だと思いますので車検対応や整備、修理など対応が迅速に対応(対応慣れ)したところがよいですね。

ご紹介店舗はこちらです!車検・リペア対応可能な店舗!