店舗運営

購入をする時の決め手!

今日、新しく店舗を開業される方へお祝いのお花を贈ろうと思い
忙しさからWEBで購入を検討しましたが何か気持ちの無いプレゼントに
なってしまう事を懸念して移動中の合間を縫ってお花屋さんまで行ってきました。
WEBでの購入時にもうひとつ懸念していたことが冠婚葬祭のルールに疎い私が
手順に沿って購入手続きをするも間違った手配をしてしまうのではないかという思いも
ありました。
以前、プライベートで庭に植える花を買いに行った店舗で胡蝶蘭を置いていたのを思い出して
数年ぶりでしたがその店舗へ行きました。
購入をしたい旨を伝えましたが丁度、希望していた金額の胡蝶蘭が売約済みになってしまい
困っていましたが、いろいろと確認して頂き何とか希望通りに手配して頂きました。
相談中に私の中でお祝いで贈る胡蝶蘭の色は白色と勝手に決めつけていましたが
意外とピンクで送る方も多いと聞いたりお祝いの場合は自社の明記だけすれば良いと
教えてくれたりこのサイズなら横型の札にした方が良いとアドバイスをして頂いたり
花屋なら当然の事と言われると思いますがあまりそのことに接する機会が無い人間としては
そのアドバイスがとても有難く感じました。

思い起こせば先日も数年に一回の車検で覚えていない段取りをひとつひとつ丁寧に説明を
して頂いた整備士の方も親切にして頂いたことも思い出しました。
プロとしては当たり前と言えば当たり前ですがその前提にお客様に不便な思いをさせないなど
の想いがあっての行動だと思います。
話がながくなりましたが商品やサービスを売る時もやはり前提にはその様な想いがあってこそ
購買者が感じて購入に繋がると思います。
数年前に行った花屋にふとした機会でそこへ行くと想起させるには店舗イメージやスタッフの対応
が無意識のうちに今回足を運ばせてくれたんだと思います。
消費者の心の中で良いイメージがあればその商品やサービスに対してファンであり続けられる
これこそがブランドなんだなと実感した日でした。

売れる店舗づくりの秘訣【飲食店編】#2

前回、売れる店舗づくりの秘訣【飲食店編】をスタートしまして
続編を書いていきたいと思います。
今回は「マーケット(商圏)を考える」という観点で書いていきたいと思います。
出店する場所ってやはり大事です。立地。ですがどの場所にというだけでなく
どの様なターゲット(お客さん)に対してのサービスなのかも含めて考えて総合的に
考えていく必要があるのではないかと考えます。

よくこんな事を聞いたりします。「客単価を上げたい。」「自分達のコンセプトが分かる方にご来店頂きたい!」
と声高に叫ばれるオーナーさん、店主さんがいます。でも「ではどの様な方をイメージされていますか?」と聞くと
「お金を使ってくれるお客さん」「自分たちの価値感に共感してくれるお客さん」と具体的なターゲット像がなく
自分達のエゴだけを叫ばれる店舗さんがいると聞きます。そんな馬鹿な?と言う方もいるかもしれませんが
実際にいるんです。どの様な方にどんなサービスを提供するのか?ここが明確でない店舗さんは多いのです。

少し話が逸れましたが顔の見えないお客様に幾ら訴えても無駄ではないでしょうか?
出店計画も同じです。そんな事が店舗内装工事.comをご覧頂ければヒントが書いてあります。

飲食店・サロンの店舗デザインは店舗内装工事.com

香りの効果

意外と知られていないビジネスでの香りの効果。
ショッピングモールでアパレルショップで何か匂いを感じたことはありませんか?
あれは店員さんの香水がきつい訳ではありません。(^_^)ニコニコ
ショップのブランディングの一環であの香りを意識させているのです。

香りは脳に直接印象付けるのに最高のツールです。
でも自分の好みで選んではいけません。
どの様なブランドなのか?を意識して選ばなければなりません。
いまやブランドは五感で感じさせなければいけません。
世界観を五感で感じさせる事でブランドイメージが意識されるのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし香りはブランディングのひとつの要素です。
ブランディングを自社に用いたい場合は目的、マーケティング、ターゲティング、戦略と
トータルして一貫した取り組みが必要なのです。
続く・・・

倒れてしまった御神木を利用してカウンターを施工したBARの店舗内装

ドアを開けると真っ先に目に飛び込んでくるのが天然木の美しいカウンターと、天井までびっしりと並ぶボトル類。ウイスキープロフェッショナルとシードルアンバサダーの肩書を持つオーナーが、自分の夢を実現するために造り上げた大人の空間です。「本格的なBARにしたいけれど、あまりシックになりすぎないように」というオーナーの要望とオーナーの希望によりどうしても使いたいと強い希望でたまたまオーナーが譲り受けることになったオーナーの地元(群馬県)で古くから大切にされてきた“御神木”をカウンターにしたいという想いをデザイン・設計で形にしました。
(この記事を見る。 オーナーの想いをさり気なく表現したBARの店舗内装 )

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お客様に好かれる店づくりのポイント公開中!

売れる店舗づくりの秘訣【飲食店編】

今回は売れる店舗づくりの秘訣という内容で店舗内装工事.comさんからの情報を基に
お伝えしていきたいと思います。
今の世の中はWEBのデータを活用して様々な情報がマーケティングデータとして利用できます。
ただ、マーケティングデータを活用して他社の真似をしても仕方ありません。
ここで失敗する店舗さんが多いです。
データを基に何をしていくかが重要なのです。

店舗内装工事.comさんでは「お店の“マーケティング”には、【4P】がとても重要
と唱えております。そして一番重要な事は知っている事と出来る事は違うという事。
知識だけ身につけても現場レベルで発揮できるかはまた別問題です。
スポーツ選手にも活躍する選手しない選手がいる様にビジネスにもやりたい事を表現出来る
方出来ない方がいます。客観的に見た時自分がどうなのか?を見つめ直した方が良いでしょう。
実現が難しい場合は外部の方に助けを求めても良いと思います。

【関連記事】
イメージ通りに完成を目指すなら【店舗内装】

売れる為の店舗デザインとは?

 

この話の続きは後日アップしていきます。

イメージ通りに完成を目指すなら【店舗内装】

店舗内装をイメージ通りに完成さるのであればお客様・営業・デザイナー(店舗デザイン)・施工者・全てのスタッフが
イメージの共有が絶対欠かせないのです。
飲食店,内装,デザイン
それには社内での一貫対応出来る会社が理想だと思います。
この意見に「それは違うぞ!」と思われる方もいらしゃると思いますが其々の担当までに
話が通じていなければなりません。
サロン,内装,デザイン
前述に社内での一貫体制と申し上げましたがただ、一貫体制であれば良いというものではありません。
お客様~施工者まで全てにコミュニケーションが取れていなければ「それは違うぞ!」といわれても仕方ありませんが
細かく確認しながら進められる能力。これこそがイメージ通りに店舗を完成させる重要な要素です。
綿密に進められた施工はコンセプトもしっかりしているので人気店が作られていくと考えています。

売れる為の店舗デザインとは?

店舗の開業をされる時いろいろとイメージが膨らんでいると思います。
そのイメージが実際の店舗の内装に反映する時に考えなければならないことはやはり人気店にできるか?というところが
一番重要だと思います。
売れる為の店舗デザインとは何でしょうか?
そもそも店舗をデザインするとはどいうことなのか考えた事ありますでしょうか?
店舗内装工事,デザイン
どの様に内装をデザインするのか?そこにはお客様が入店してみたくなる。
何度も来てみたくなるなど着地地点を逆算して考えてみると良いと思います。
そうするとどの様なコンセプトでどの様な物件が良いのかを考えてお客様に評価してもらえるか?を考えていく必要があると思います。
飲食店,店舗内装
物件については様々な条件がありますが内装に関しましては
入口からの動線はどうか?賑わいを持たせる設計か?静かにゆったりの設計か?などをコンセプトに合わせながら
物件に当てはめていく事になります。
サロン,店舗内装
考え出すと様々な角度で見ていかなければなりません。
そんな時は店舗内装工事.comにご相談下さい。
お客様の想いを現実に落とし込む為に何をすれば実現できるかをご提案させて頂きます。
まずはこちらからご覧ください。